2007年07月28日

みんながつくる地域福祉

「みんながつくる地域福祉〜2年目をむかえて〜」と題した地域フォーラムがありました。
心のバリアフリーを考える大倉山市民の会が主催のこのフォーラム。
今回は。港北区の担当者の方に現状をお聞きしました。
実際の取り組みについいて日吉地区の活動報告を聞いて参加者の話し合いとなりました。
参加人数は、選挙前ということもあり少人数でしたが、これまで2年間の取り組みを振り返り、
各地域で提案されている内容など説明を聞きました。

地域福祉保健計画とわかりにくい名称ということで不評でしたが、
「港北FFF」という名称になったとのことです。
「こうほくとりぷるえふ」と読むらしいのですが、
個人的には、わかりにくいかな?とちょっと疑問。
f(エフ)は日本人にとって発音しにくい音のひとつです。
エフゥエフゥエフゥなんてね。

さておき、これらの地域の取り組み期待したいところです。
posted by キクナカワモノガタリ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 地域メディア

2007年06月30日

2007ふるサポ提案会

港北区のふるさとサポート事業公開提案会「港北学び舎」が、
慶應義塾大学日吉キャンパス来往舎でありました。

昨年は16グループでしたが、今年は9グループと少なく、
会場は昨年の半分程度かと思える雰囲気でした。

ワークショップピリオドも、昨年に続いて応募し、提案しました。

発表の時間は1グループ5分、質問時間が5分でした。
約半数は今年で3年目、4グループは2年目ということで発表者は慣れたものでした。

新しいグループが1グループということが残念です。

昨年までは、発表後、審査結果で減額。
という形式でしたが、今年は全グループ満額で終わりました。

これは、当然の処理だと思っていたので昨年より納得のいくものでした。
提案内容になにか問題があるなら、採用しなければいいと思います。

満額での回答しても、実際に使用した費用の領収書などで問題があれば、そこで減額すればいいことです。
発表内容がいいからとか、悪いからという理由での減額はおかしなことです。

そんなわけで今年もワークショップピリオドでは、
菊名「川」物語を継続していくことになりました。

夜の定例会では8月のワークショップについて検討しました。
posted by キクナカワモノガタリ at 00:00| Comment(6) | TrackBack(0) | 地域メディア

2007年06月17日

コミュニティバスの推進協議会

コミバス市民の会が主催する、
第3回コミュニティバス推進協議会準備会がありました。

参加者は30名弱。
内容としては、これまでの活動の経過報告、
当面の活動計画、錦が丘アンケートの内容説明、
横浜市の説明、篠原丘陵地巡回バス交通計画の説明、
その後意見交換となりました。

参加者、主催者双方から、同一地区に2つのコミバス案
が出てきたことで、いろいろ調整が必要ではないかという
意見が出されました。

実際にバスを走らせる場合の人的、経済的な面での問題点。
地域別の問題点、所属団体からのリクエストなど。
2時間の時間では話しきれない内容となりました。

どうやって実現させるか今後の取り組み方が問われた会議でした。
posted by キクナカワモノガタリ at 00:00| Comment(1) | TrackBack(0) | 地域メディア

2007年06月03日

菊名池のふくしまつり

菊名池の公園で「ふくしまつり」がありました。
梅雨入り直前の好天に恵まれて近隣の方のゆったりとした休日になりました。

公園入口あたりで音響をセットしていたのはスペースオルタのSさん。
まずは大学生、高校生?によるジャグリング。
彼らの演技に人の輪ができてきました。(写真)

福祉クラブ生協の主催と言うことで、県内各地で同時にこのお祭りが行われたようです。

会場では、作業所のメンバーがブース売店でクッキーや飲み物を販売していました。

バザーやフリマも出ていてにぎやいでいました。

今年は12回目ということでしたが、菊名「川」物語を作っていたのでこのイベントに気がつきましたが、これまでまったく知りませんでした。

もう少し、インターネットなどでこうした情報の共有されたらいいですね。
このブログもそんなお役に立てたらいいと思います。

菊名池ふくしまつり
posted by キクナカワモノガタリ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 地域メディア

2007年05月16日

[大倉山]ぎゃるりーげんで絵本展

ふるサポ仲間の大倉山通信舎へ行って来ました。

ちょうどぎゃるりー「げん」でこどもの絵本と木のおもちゃの展示がありました。

もみじの会のスローライフ事業ということです。
展示は、16日〜22日 11:00-17:00まで。
土曜日の19日には、読み聞かせライブがあるそうです。
(子どもの本の店ともだち) 13:30〜

先日の太尾町、町名変更の時に撮影したビデオの編集などどうしようかというご相談でした。

大倉山通信舎とワークショップピリオドで、ビデオ編集のワークショップを開催できないかということで話し合いました。

夏休みに、子どもたちにも参加してもらえるようなワークショップができたらいいね。
そこで作った作品を秋の芸術祭で発表できるといいね。

そんなことを相談して来ました。
posted by キクナカワモノガタリ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 地域メディア

2007年05月12日

港北の地名を調べる会に参加しました

港北の地名を調べる会からお誘いがあったので、ミーティングに参加してみました。

今年の活動の方向性を話し合う場となりました。
参加者は10名ほどでしたが、いろいろな話して目標を設定しました。

これからの活動ということで、
○史跡。遺跡などに案内板をつけよう!
○地図を再検討して、地域を散歩する。
○老人会など他のサークルとの交流。
○学校の課外活動に協力。
などなど。

私自身、菊名に住んで20年以上になりますが、地域の遺跡や史跡というものにほとんど関心がなかっただけに、今回の菊名「川」物語をきっかけにしていろいろなことが見えてきました。

ふるサポで知ることのできた地域の活動団体・サークルともこうした形で協力しあえるとおもしろくなりそうです。
posted by キクナカワモノガタリ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 地域メディア

2007年04月08日

地名について語る〜ぎゃるりーげん「語り部LIVE」

太尾町の「ぎゃるりーげん」で4月2日から開かれていた写真展「大倉山の移り変わり」と「語り部LIVE」は今日4月8日が最終日。
午後1時半から、「港北地名を調べる会」の渡辺さんのお話がありました。

渡辺さんたちは、港北区内の古い地名(字名)を遺すために、聞き取り調査を行って、その結果をまとめて、昨年2月に『港北歴史地名ガイドマップ』を発行されました。現在の町名と、今は使われていない(一部、登記上では使われている)字名を対照できるようになっており、裏には、聞き取りによる地名解説が掲載されています。

渡辺さんは、行政地名の変遷や、もともとの地名の由来説についてまで、港北区全般の地名の話をされました。
地名を調べる会は、若干の行政の補助を受けてはいるものの、市民活動であり、地名保存は本来行政がやるべきことだ、と渡辺さんは力説されていました。

さて、太尾町は「大倉山」に町名変更されることになっていますが、一部は「太尾」の名になるようです。旧町名を遺したいという意志をお持ちの、古くからの住民が多い地区が「太尾」になるようで、皮肉なことに「山」沿いの地区。「大倉山」になるのは、かつて田んぼだった、平坦な地域だそうな・・・

なんか変ですね!

あと数十年もたって、ここがなぜ「大倉山」になったのか、語れる人はいるのでしょうか。地名を調べる会の活動がきちんと後々伝えられることを祈ると同時に、たとえば住居表示板に旧町名を記載するなど、行政も地名をおろそかにしない姿勢が問われると思います。
そんなお話にもなりました。

ピリオドも、映像というメディアによって、地名や景観、文化を伝えて行ければ、と思うのですが、メンバーを増やしたいですね。
by 悠歩
posted by キクナカワモノガタリ at 21:57| Comment(5) | TrackBack(0) | 地域メディア

2007年04月03日

大倉山フェスタに参加(HappyMotherMusic)

070404-007s.jpg

寒い平日の午後でしたが、港北公会堂で行われた大倉山フェスタに参加しました。

コンサートは、一部、二部に分かれていて
一部では乳幼児を連れたお母さんが目立ちました。

お楽しみ抽選会のあと、二部ではお話と音楽から始まり、
ピアノ演奏による、尾崎豊の卒業、ジョンレノンのイマジンの演奏でした。

ワークショップピリオドは、展示スペースの一角に菊名「川」物語を展示しました。
posted by キクナカワモノガタリ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 地域メディア

2007年04月02日

大倉山の移り変わり 語り部LIVE&写真展が始まりました

大倉山通信舎企画の
「大倉山の移り変わり 語り部LIVE&写真展」が始まりました。
ワークショップピリオドも、特別参加で開場の一角に、
菊名「川」物語の映像コーナーを設けていただき、展示しています。

開催期間は、4/2〜4/8(日) 11:00〜17:00です。
語り部LIVEは、港北地名を調べる会の方が
6日(金)城田さん
7日(土)吉川さん
8日(日)渡辺さん
ということでいずれも13:30〜15:00まで

開場は、ぎゃらうりー げん です。


posted by キクナカワモノガタリ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 地域メディア

2007年04月01日

大倉山フェスタ(HappyMotherMusic)

「ともに生きる街・大倉山フェスタ」が、いよいよ来週火曜日の開催

開催日:2007年4月3日(火曜日)
会 場:港北公会堂
時 間:14:00〜16:00(開場13:00)

コンサートを中心に、地域活動団体の展示、
談話室、保育室、楽器寄付受付、という盛りだくさんの内容です。

詳しくは以下ホームページをご覧ください。
posted by キクナカワモノガタリ at 10:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 地域メディア

語り部LIVE/語り部に聴く大倉山のうつりかわりと写真展

語り部による大倉山の変遷と時代(写真展を含む)展
期間:4月2日〜4月8日
場所:ぎゃるりーげん(太尾町)

語り部による語りは6日から3日間13:30〜15:00の予定です。

ワークショップピリオドも写真および映像で参加予定です。
posted by キクナカワモノガタリ at 10:03| Comment(1) | TrackBack(1) | 地域メディア

2007年03月23日

太尾町写真展

タウンニュースでこんなニュースを見つけました。

ギャラリーカフェ「夢うさぎ」
「消えゆく町の名 写真で残したい」
ということで、明日24日から太尾町写真展があるようです。
posted by キクナカワモノガタリ at 07:48| Comment(1) | TrackBack(0) | 地域メディア

2007年01月14日

妙蓮寺菊名池付近を歩く

港北の地名の会のイベントで妙蓮寺を歩きました。
妙蓮寺の名前の由来、東横線とJRの関係、駅ができた頃のお話。

菊名池物語。
 ダイダラ坊が尻餅をついてできたという菊名池。
 起きあがろうとして手をついた仲手原。

斎藤茂吉が読んだこの地域の歌。

 すすきの穂 日に照らされて かがやける 
 丘のふもとに 心しずめぬ

 芦原の 一方になびき 伏したるは 
 昨日吹きたる 疾風にかあらむ

などいろいろな話を交えて地元の方に案内していただきました。

菊名池の弁天様は初めてみました。
参加者は30人を越えていましたが熱心に耳を傾けていました。
今回のコースは、妙蓮寺から菊名池、切り通しを通って妙蓮寺に戻る
比較的短いコースでした。

お寺や、弁天様の前、公園などで立ち止まって話を聞きましたが、
1カ所で20分も立ち止まると暖冬とはいえホカロンがほしくなる一日でした。
posted by キクナカワモノガタリ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 地域メディア

2006年12月16日

港北区民ミュージカルOMUNIBUSをみてきました。

港北区民ミュージカル2006 OMUNIBUSをみてきました。
大変盛況で満員御礼。2時間半後ろの立見席でした。

内容がコミュニティバスに関係していることもあり非常に興味深いものでした。
また、出演者も小学生から高校生が中心でしたが大人も加わりワカサあふれる熱演でした。
本当は明日12月17日の夜、コミュニティバスをこの港北に走らせる市民の会主催のフォーラムがあるので、その前に観ようと思っていたのですが、受付で明日は満員御礼でお断りするかも知れませんといわれてしまいました。

2時5分ほど回ってから入ったので代表の挨拶等は聞き逃してしまいました。

演劇の内容的なことでは、「コミュニティバスを横浜で走らせる」ということをテーマにしていたのですが、2時間半の中ではよくまとまっていたと思います。

明日のフォーラムも、今この地域のコミュニティバスを考えるということが重要なことなので今回のタイアップイベントは非常の面白いものでした。
(詳しくは明日のフォーラム終了後)

こどもたちの演技も先週舞台稽古を見ているだけに迫力を感じました。
年々グレードが上がっていると感じます。

写真は、演技を終えた会場出口です。
港北区民ミュージカル
posted by キクナカワモノガタリ at 18:27| Comment(1) | TrackBack(0) | 地域メディア

2006年12月09日

今年の港北区民ミュージカルはバスたちの物語

今週末12月16日、17日は港北区民ミュージカルオムニバス、「バスたちの物語」があります。

17日の公演の後では、コミュニティバスを考えるフォーラム
走る!走れ!わが町のコミュニティバス
「コミュニティバスの実現をめざす区民の集い」
事例報告とパネルディスカッションがあります。

そんなこともあり今日は1週間前の稽古場を訪問してみました。

今年で4回目となるのでしょうか?
毎年見に行っていますが、今年も熱のこもった演技を見られそうです。

公演は16日 14:00、18:00 の2回。17日は、14:00から1回です。
フォーラムは、17日18:00からです。

posted by キクナカワモノガタリ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 地域メディア

2006年11月07日

伊参(いさま)スタジオ映画祭参加者募集

今月の23,25,26日、群馬県中之条町で伊参スタジオで映画祭があります。

ワークショップピリオドでは第2回の映画祭から毎年参加しています。
(昨年は都合で中止しました)
今年は以下の通り参加を予定していますので御案内です。
地域発の映画祭。毎年そのホスピタリティに感動しています。

「2006上州行楽ツアー」

伊参映画祭・温泉・紅葉 紅葉を眺め、温泉に入り、
中之条町の伊参映画祭で篠原哲雄監督や若き映像作家と触れあう。

そこは、秋の上州路。国定忠治のフィールドです。
好評の上州行き、 4回目です。
============================================
日時2006年11月25(土)26(日) 1泊2日

費用 お1人14000円(7人の場合菊名からワゴン車利用で)
 宿泊代1泊2食、5500円 映画祭参加費二日で2000円
 車とガソリン 6500円(実費で計算します)
 宿泊に含まれない食事は各自負担。

行動予定
25日 午前6時 菊名西口出発
   10時 会場の伊参スタジオ着「柳は緑 花は紅」等映画鑑賞
   今年はテニスコースも計画中
   宿泊 民宿美濃原山荘 
26日 午前9時 出発 上州見物 
   午後1時 映画祭
   午後5時 現地発午後10時頃菊名着予定
問合わせ 045-401−6063(小林)431-6977(入江)
主催 ピリオド・港学舎
posted by キクナカワモノガタリ at 07:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 地域メディア

2006年10月18日

ふるサポ「まちづくり免許皆伝講座」1回目

ふるサポ「まちづくり免許皆伝講座」1回目
ふるサポの企画で、まちづくりの技を身につける養成講座がありました。
期待していた内容とはだいぶ違っていましたが、こうした講座を持つことに意味があると理解しておきましょう。

いきなり「ワークショップ進めてください」と言われて面食らってしまいました。
ワークショップは、私達のグループ名にも使っているくらいなのでいろいろなことをしているつもりですが、内容の説明もなく振られてもどうしたらいいの?

最初の趣旨説明でも、「初めての試みなのでアイデアを出してください。」
と言われてはいたもののゼロスタートにはびっくりでした。

そうなんですね。
まちづくりは誰かから教わるものではなく、自分で考えるものなんですね。


今日の講座の内容は「補助金の賢い利用方法」ということでした。
参加されていない方のために少しお話ししておきます。

事例として、びーのびーの、下宿茶屋、かれん、スピカの例が紹介されました。

スピカの例では、資金を親類に頼らず債券を発行して募集したところ口コミ効果が出てうまくいったということです。
下宿茶屋は、高齢化により空き家になってしまう家の活用と言うことでした。
どろっぷとかれんの話は、ピリオドの方がよほど情報を持っているので省略します。


今回の内容ではテーマというか、なにをどうしたいのかが絞り込めていないのでなかなかまとまらないと感じました。
posted by キクナカワモノガタリ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 地域メディア

2006年09月11日

市民メディアサミット初日

9月8日、「市民メディアサミット06」初日のセッションに参加しました。

(1)「市民メディアにおける新しいネットツールの活用」
SNSに似た、グラフィックソフトの機能ももつ「NOTA」(ノータ)というツールの紹介と活用事例の報告でした。

京都の若い人が開発して、何かの縁で横浜で盛んに使われているようです。
「京都生まれ横浜育ち」のツールと言っていました。
青葉区の「区民ポータルサイト あおばみん」や、都筑区のNPOが子どもたちの防災点検「サバイバル隊」の活動に利用している事例が報告されました。
小学生が簡単に自分のページをつくって、コミュニケーションに利用しているようです。
「NOTA」の開発者の話もあって、改良を続けているようです。
活用できそうな気がしました。
導入には、SNSと同じように、招待(紹介)してもらう必要があるようです。

(2)「災害と市民メディア」
ここでの話は盛りだくさんでした。
CATV(イッツコム)、コミュニティFM局(FM湘南ナパサ)、ブログや上記の「NOTA」との連携、GPSを使って重機と重機オペレーターを災害時に探して呼び出すことのできる「重機ネット」(住基ネットにあらず)などの事例が報告され、大変興味深く聴くことができました。

技術偏重のように思われてしまいそうですが、コミュニティFM局を拠点とした市民の交流活動や、子どもたちの防災活動など、日常の地域活動あってこそ機能するのだということが、強く感じられました。

「メディアがない」と言われる港北区にもコミュニティ放送局がほしい!と思いました。もちろん私たち「ピリオド」も地域メディア指向ですが。

(悠歩 記)
posted by キクナカワモノガタリ at 22:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 地域メディア

2006年09月10日

市民メディアサミット06の行って来ました

市民メディアサミット06催しがありました。

ピリオドメンバーは8日から10日にかけて会場に出かけました。
私は10日の午後、先駆者が語る「市民記者・リポーターへの期待」
というパネルディスカッションを聞きました。
市民記者というのはこの菊名川を取材していく私達みたいな存在だろうと思っています。

パネリストは、市民メディア・インターネット新聞JANJAN代表竹内さん
オーマイニュース編集局・市民記者組織本部長田中さん
NPO研修・情報センター 代表理事世古さん
でした。
地域メディアとしてインターネットを利用するということについて、
市民記者のすばらしさをいろいろ話していただけました。


---------------------------------------------------------------------
【正式名称】市民メディア全国交流集会@よこはま06
【開催テーマ】「市民メディアは社会をつなぐ」
【企画概要】
 公開セミナー、シンポジウム、分科会、ワークショップ、セッション
 市民メディア交流会、展示企画、市民メディア映像祭〜市民メディア
 ポート〜、横浜デジタルアーカイブ・プロジェクト など
【日時】 2006年9月8日(金)〜10日(日)
【会場】 横浜市開港記念会館、ZA*IM
posted by キクナカワモノガタリ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 地域メディア