2007年08月22日

2007よこはま打ち水大作戦

電力需要がピークで、甲子園の決勝戦というこの日横浜で打ち水大作戦を開催しました。

参加者のみなさまお疲れさまでした。

打ち水2

先週から記録的な暑さが続いています。
昨年に続いて2回目の打ち水大作戦でしたが、好天に恵まれ、夏休みのこどもたちや近隣の皆さんが駆けつけてくれました。
菊名八杉神社前の神橋を中心に約200m200人の参加をなんとか達成していたのではないかと思われます。

打ち水

ゆかた姿の大豆戸町内会の婦人部のみなさんや、菊名こどもくらぶ、横浜北YMCA、菊名WARA・びー実行委員会、いろえんいつ、菊名ハイツ子供会などほんとうにたくさんの方のご協力で大成功でした。

神橋で


打ち水終了後は、大豆戸町内会館で、すいかを食べて、お茶を飲んでのどの渇きを押さえました。


その後町内会館で交流会では菊名の川の話題や、篠原城、金子城など歴史的は話題まで幅広く情報交換が行われました。

交流会
posted by キクナカワモノガタリ at 00:00| Comment(4) | TrackBack(0) | 打ち水大作戦
この記事へのコメント
「打ち水大作戦」参加の皆さん、企画・運営をしたスタッフの皆さん、そしてお手伝いの皆さん、ご苦労様でした。

まさに猛暑の中でしたが、たくさんの方による「打ち水」で、一瞬でしたが路上の温度が下がり、涼風が気持ちよく頬をなでてゆきました。

今年は2回目ですが、昨年よりも参加者が多く、多少コツを覚えたせいか、「打ち水」・「スイカパーテイ」・「交流会」ともに、つつがなく進行できたのではないかと思います。
また、協賛関係も複数でしたので、それぞれの協賛内容や持ち味が発揮されて立体的な取り組みとなりました。

この時期、各地で「打ち水イベント」が行われていますが、商店街の盛り上げなど、なんとなく商業的な色彩が多いなか、この地の「打ち水」は、地域に密着した、一般市民参加型の行事として、これからも続けていければ好ましいと思っています。

 (本文中に、菊名八杉神社とありますが、大豆戸八杉神社が正しい名前です)

Posted by 町内会長 at 2007年08月23日 14:09
打ち水大作戦を菊名・大豆戸の川跡で、という発想の主の一人として、22日は参加しなければと思っていましたが、仕事を休めませんでした。
参加者数は昨年の倍だったのですね。こども関係のグループの力はすごいと思います。
勤め人も参加しやすい土日にできれば、もっと盛大になるでしょうけど。
打ち水自体は、一過性のイベントにせず、昔のように習慣として各自家の前でやれば、熱帯夜も少しは鎮めることができるのではないでしょうか。
もちろん「打ち水大作戦」は地域交流、まちづくりのイベントとしての意味が大きいことは認識していますが、環境運動としての意味ももっと広めたいですね。
Posted by らくらく管理人 at 2007年08月23日 22:01
町内会長さま

八杉神社の件、失礼いたしました。
今後の目標は、菊名駅から新横浜駅までもっと長くつながるといいですね。

町内会、商店街、近隣企業など力を合わせて「地球温暖化」という人類の敵にぶつかりたいものです。
Posted by ピリオド at 2007年08月24日 06:06
8発22日打ち水大作戦!私にとって、今夏最も熱い行事でした。
町内会長さん、らくらく管理人さんのおっしゃるように、これを続け、地域で出会い、住みやすい場を楽しくつくり再発見していく行動を、少しでも進めたいですね。
 交流会での懇談、川から、篠原城(金子城)にも広がって、おもしろかったですね。
Posted by みなと at 2007年08月27日 23:32
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/5174357
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック