2010年02月23日

盛会

港北ふるさと映画祭 盛会でした。
 午前の部、「朝10時の開会時は、まだ会場はがらがらで、空気にむかって冒頭の区長挨拶」という状態になるのでは、という不安がぬぐえませんでした。
 ところが、300人参加の盛会で、午前の部の方が参加者が多かったのです。これは午前は無料で、午後2時からの1000年の山古志が有料上映だったためではなくて、地域発映像に対する期待が強かったということだと思います。
自分たちの地域の人と自然、歴史を撮ることへの関心が、やはり確実に強くなっており、私たちの努力が、ようやくそのような方々と結びつきつつあるということだと思います。

 この基本的推力によって、まだまだ準備が不足だというところを持ちながらも、大きな盛り上がりを感じたのだと思います。
さらに熱い鉄を打って行きたいと思います。
posted by キクナカワモノガタリ at 03:55| Comment(0) | TrackBack(0) | ピリオドより
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/35498824
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック