2010年02月23日

ご協力の皆さまへのお礼

港北ふるさと映画祭協力の皆さまへのお礼が、港北ふるさとテレビ局伊藤幸晴代表と、ワークショップピリオド小林富夫代表の連名で出されました。 以下に掲載します。(K)

春近しといえまだ寒さ厳しい折、ご健勝のことと存じます。
私どもは、港北の地域を映像で記録し、上映する活動をして参りました。
 昨日、港北ふるさと映画祭(第二部)を皆様のご協力のもと、無事開催することができました。さまざまなご協力に心からお礼申し上げます。

 遠く伊勢原市から参加された方を含め、港北区民を中心にのべ300人の方々に、私どもの作成した「松の川緑道」「まぼろしの篠原城」のみならず、YOUテレビ制作「さんぽにいこう(大倉山編・篠原町編)」、国土交通省京浜河川事務所制作「暴れ川の記録」、「港北区で活動するグループ紹介映像」そして橋本信一監督「1000年の山古志」を見ていただくことができました。

柏崎港北区長、松の川遊歩道(緑道)の会代表田辺美紗代さん、女優五大路子さん、郷土史家押尾寅松さん、港北地名と文化の会代表渡辺忠治さん、文化放送キャスター高橋民夫さん、橋本信一監督(登壇順)の皆様からごあいさつをいただきました。

ロビーには、大和田伸也・五大路子フレンズクラブによる「横浜ローザ」コーナー、日吉のこどもの本の専門店ともだちによるお薦め本コーナー、港北発のDVD・CD・書籍の展示即売コーナー、社会福祉法人かれんによるホットコーヒーとクッキーコーナー、NPO精神保健を考えるまいんどくらぶによる山古志産米を用いた炊き込みご飯とお茶コーナー、防災ネットワークに携わる国際救急法研究所の宇田川規夫さん(菊名在住)による中越特産物コーナー、山古志産米コーナー等が並び、交流がなされました。

また、ご協力をいただいた港北区、港北区社会福祉協議会はじめ町内会・諸団体・マスコミ等の皆様、そして何より、ご多忙の中お越しいただいた皆様に心よりお礼申し上げます。

この成果のうえに、港北ふるさとをまるごと映し撮り、地域で共有する活動にさらに励みますので、今後ともよろしくご協力いただけますよう、お願い申し上げます。
posted by キクナカワモノガタリ at 03:21| Comment(0) | TrackBack(0) | ピリオドより
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/35498573
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック