2010年02月15日

1週間前

港北ふるさと映画祭まで1週間をきりました。

「まぼろしの篠原城」最終編集、「ふるさとサポート市民団体活動紹介」の作成、そしてチケット販売、開場で展示販売する地域の宝物作品準備など、フル回転です。

先週、1980年に当時篠原中学3年生の國分さんが書かれた「金子城の研究」や当時の写真などのご提供など、うれしい出会いが多く、あと1週間やれるだけの準備をしたいと思います。

posted by キクナカワモノガタリ at 10:02| Comment(2) | TrackBack(0) | ピリオドより
この記事へのコメント
 國分さんの書かれた「金子城の研究」は、「まぼろしの研究論文」になることなく、執筆者の國分建志さんによりワークショップピリオドにご提供されました。
 その直後に、お声かけした方のおひとりであるTさんにより、この論文が、港北図書館にあることが判りました。港北図書館のバックヤードに保存されている『しのはら 創立10周年記念誌』(1981年9月27日篠原中学校)に掲載されていました。この記念誌は掲載論文の執筆者である國分さんには届かなかったようですが、目次を見ると、國分論文が最初に掲載された1980年刊の「作文集」同様、極めて高いレベルの生徒・教職員の学習・教育意欲が伺われます。
なお、この記念誌は、平井誠二さんの『わがまち港北』の巻末付録「横浜市港北区関係の参考文献一覧」にリストアップされていました。
21日の映画祭を成し遂げてから、ゆっくり読んでみたいと思います。 
Tさん、Dさん、Mさん、ありがとうございました
Posted by 入江勝通 at 2010年02月18日 15:53
 國分さんの書かれた「金子城の研究」は、「まぼろしの研究論文」になることなく、執筆者の國分建志さんによりワークショップピリオドにご提供されました。
 その直後に、お声かけした方のおひとりであるTさんにより、この論文が、港北図書館にあることが判りました。港北図書館のバックヤードに保存されている『しのはら 創立10周年記念誌』(1981年9月27日篠原中学校)に掲載されていました。この記念誌は掲載論文の執筆者である國分さんには届かなかったようですが、目次を見ると、他にも地域研究等が掲載されていて、國分論文が最初に掲載された1980年刊の「作文集」同様、極めて高いレベルの生徒・教職員の学習・教育意欲が伺われます。
なお、この記念誌は、平井誠二さんの『わがまち港北』の巻末付録「横浜市港北区関係の参考文献一覧」にリストアップされていました。
21日の映画祭を成し遂げてから、ゆっくり読んでみたいと思います。 
Tさん、Dさん、Mさん、ありがとうございました
Posted by 入江勝通 at 2010年02月18日 16:01
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/35323504
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック