2009年11月15日

五大さんの赤い靴の少女の物語

IMG_9018s.jpg

港北公会堂で、篠原城でお世話になった五大路子さんの企画による
「赤い靴の少女 母・かよの物語」と
「真昼の夕焼け」(昭和20年の横浜空襲での少女の話)
がありました。
会場はほぼ満員の大盛況。(けっこう年齢層は高かったかな。)

異人さんに連れられていった少女は実は・・・
横浜ローザとはまた一味違った朗読劇。
野口雨情の「赤い靴」の真実?。

なかなか現代の感覚からは想像しにくいところも
ありましたがいいお話でした。

posted by キクナカワモノガタリ at 21:27| Comment(1) | TrackBack(0) | 地域メディア
この記事へのコメント
写真は、五大路子さんを囲んでのピリオドネット(勝手に命名しました)の方々の記念撮影です。
終演後のロビーはごったがえし、記念撮影に加われなかった方々、ごめんなさいね。
このあと、近くでお茶会。感想を語り、親交をふかめました。

この日「DVDまぼろしの篠原城」なんとお二人も協賛いただけました。
Posted by 入江 at 2009年11月17日 13:14
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/33658645
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック