2008年11月23日

伊参スタジオ映画祭行ってきました。

恒例の伊参スタジオ映画祭(22日、23日)に行ってきました。

朝5時半菊名出発、今年の参加は4名。
22日はまず、中之条町の歴史民族資料館。
IMG_5858.jpg


篠原城DVD制作も関係するので、中世を中心に歴史散策をしました。
ランチは、嵩山の道の駅で手打ちそば。
10割そばは、うどんと違って黒、いえグレーです。
ここで名久田川の作者純さんの読み聞かせ用のイラストなどみながら楽しいひと時でした。

話が面白かったのであっというまに上映時間。
映画祭初日の作品は、篠原監督の「山桜」と大林宣彦監督の「転校生 さよならあなた」でした。

IMG_5865.jpg

どちらの作品も上映後、ゲストトーク。ここが映画祭の楽しみですね。

今回の宿泊は、伊香保グランドホテル。(一泊7800円)

IMG_5952.jpg

夕食はバイキングスタイルでしたが、連休ということで2部制。
食事の前に温泉へ。
女性陣は温泉が気に入ったようで、入ったきりなかなか出てきませんでした。

バイキングスタイルの夕食はそんなわけで少しあわただしくなってしまいました。

二日目の朝は、食事前に伊香保散策。
IMG_5915.jpg

伊香保は石段の町。晴れ上がった青空のもと湯煙漂うまちを楽しみました。
伊香保で有名なのは竹久夢二、ホテルをチェックアウトしてから夢二記念館へ。
ここもお嬢様方は大正ロマンに浸っていたようです。
結局伊香保を出たのは12時少し前。
いつものように名久田の実家に立ち寄って映画祭会場に滑り込み。

映画祭二日目のメインはシナリオ大賞の発表と昨年の作品上映。
大賞の発表最後を少しだけ聞けました。
そして昨年の大賞作品の上映。
作品の感想などは、参加者の皆さんに譲ることにします。

いつもは交流会までいるのですが、今年は連休ということもあり
交通事情を考えて作品上映が終わったところで引き上げました。

片桐はいりさん出演の「UFO食堂」は見ることができませんでしたが、
映画祭スタッフの方に、「今年は帰ります」とご挨拶したところ
「はいりさんがそこにいるから挨拶していってください。」
などと暖かいお言葉。
記念写真を撮影して帰ってまいりました。
posted by キクナカワモノガタリ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/23349058
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック