2006年09月02日

大豆戸八杉神社祭礼奉納演芸会に出演

Period

打ち水大作戦のときにお世話になった八杉神社の祭礼で奉納演芸大会があり、ピリオドと港学舎合同チームで出演しました。

曲は「ねがい」と「さんぽ」の2曲。総勢7人でがんばりました。

演芸大会は地域のみなさまが元気に出演して奮闘。
地元にこうしたイベントがあることを大切にしたいですね。
出演したみなさまご感想などお聴かせください。

会場風景
posted by キクナカワモノガタリ at 21:00| Comment(4) | TrackBack(0) | 大豆戸の情報
この記事へのコメント
出演された皆さんお疲れさまでした。
私は出演も撮影もできず、申し訳なく思います。
こじんまりとしたお祭りで、いい雰囲気だったと感じます。
ピリオドと港学舎も地域の人々になにがしかの印象を残したことと思います。
これからの活動に結びつけられればいいですね。
Posted by 悠歩 at 2006年09月03日 12:26
本番では私はあまり声が出ず失礼しましたが、
ステージを楽しみました。
それにしても子供界から唯一参加の
Hさんは堂々と良く声が出ていて、
たいしたものでした。
個人的には、町内会長様の替え歌
「ここは大豆戸町・・・」も印象に残っています。
Posted by 篠原東三郎 at 2006年09月04日 12:26
八杉神社の素人演芸会に出演の皆様、お疲れさまでした。
特に、ピリオド/港学舎の皆さんは、初出演ということで、何かと戸惑ったこともあったかと
思いますが、なにせ準備の裏方さんも素人ですので不行き届きの点はお許し下さい。
しかしながら、このての演芸会のプログラムに多く見られる、「演歌」・「歌謡曲」にはさまれて、ピリオド/港学舎の選曲は、暖かみのある、フアミリィな雰囲気で、とても良かったと思います。
不肖、私の出し物に評価していただいたSさん、恐縮です、ありがとうございました。
Posted by 町内会長 at 2006年09月04日 15:10
撮っていただいた映像で、みました。
予約していたギターメンバーが、急な体調不良のため、ギターと歌という紹介にかかわらず、ギターがなかったんですが、デビューとしては、よかったですね。
参加記念の手ぬぐいなどいただいて、うれしかったです。
今年もご婦人連の踊り、すてきでしたね。
Posted by みなと at 2006年09月20日 23:07
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/1215877

この記事へのトラックバック