2006年08月13日

菊名池はこの地域の水がめだった

朝、綱島東照寺で打ち水の話ができました。
和尚さんが菊名池のこととについて少しお話してくれました。

水をためた池のことを谷戸と言うそうです。
菊名の地名で表谷戸というのはここから来ているんでしょうか。
そして、菊名池はこの地域の大切な水源だったということです。
熊野神社には「いのちの池」があってこちらでも、水がどれほど重要かということを物語っています。

今でこそ水道で水がどこでも自由になりますが、ほんの少し時代をさかのぼっただけでも水をめぐる様々なお話が出てきそうです。

このブログでそうした話題もいろいろ語れたらと思います。
posted by キクナカワモノガタリ at 09:36| Comment(1) | TrackBack(0) | 川の情報
この記事へのコメント
溜め池を谷戸と言ったかどうか?
谷戸というのはこの周辺を含めた南武蔵〜相模東部特有の呼び名で、小広い谷間を言います。
鎌倉に行くと「ヤツ(谷)」と言います。
でも谷戸の奥にはだいたい溜め池がありますから、溜め池を含めて谷戸と言うのが普通かもしれません。
(元「谷戸文化研究会」会員より)
Posted by 悠歩 at 2006年08月14日 22:01
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/1112293

この記事へのトラックバック